注意することは何

システムを活用するにあたっての注意点

企業の中で経費の精算はスピードと正確性を求められます。そのため、社員が適時経費精算の対応をとってくれることが非常に重要になります。 経費精算がシステム化された場合、システム化される前は、担当者によって多少の柔軟性をもつことができましたが、システム化された場合は、精算期日が設定され期日を過ぎた場合は、翌月精算になるなど、社員にとっては不便を感じることも生じる可能性がでてきます。 そこで、経費精算のための入力項目を極力少なくすることをお勧めします。営業マンなどが面倒くさいと少しでも思わせないことが重要となります。また、経費精算期日のを定期的にアナウンスし、期日をうっかり忘れることがないような配慮も重要になります。

経費精算システムのウラ技

経費精算システムは、営業活動に使った費用を精算し、社員に支払いを行うためのシステムですが、システム化されたことによって、集められた情報を分析することによって、会社全体の経費を削減するために大きな役割を果たすことがあります。一人一人の社員でもそうですが、会社全体としても情報量が多くなればなるほど、その効果を発揮します。 例えば、会社全体として、交際費の金額について改善したい場合、使用部署別、取引先別、お店の種類別など、いろいろな角度で情報を集計し直すことが容易にできます。このことにより、業績なども考慮した上になりますが、交際費の配分を改善することが可能になります。現在、よく耳にするビッグデータの初歩的なものになるのです。