オンライン管理が便利

スケジュール管理を色やメールで分ける

【電子端末でのオンライン管理】 →グーグルカレンダーなどのグーグルでスケジュール管理をしている人は割と多く、色分けなどでわかりやすく表示されている点が便利です。色分けすれば重要度もわかりやすく、赤は仕事、緑は家族のこと、判別もしやすくなります。 電子端末には他にも、アプリとしてスケジュール管理した後で別の端末に送信して使ったり、同期して使うといった方法もよく見かける方法です。他の人とスケジュールを共有して行うことなども可能で、誰かと同じスケジュールなら「うっかり」がなくせます。 【スケジュールをメールでお知らせ】 →パソコンで入力したスケジュールをスマートフォンなどで見る、これもよく聞く方法ですが、筆者もグーグルのサービスを利用していて、大事な用事はメールを送ってもらうことで忘れないように管理しています。設定も簡単なのでお気に入りの方法です。

スケジュールの管理が疲れたら、一度休憩を取りましょう

【スケジュール管理のしすぎで疲労感が増える】 →スケジュールを管理するのは大事なことですが、こなすのは本人であり、自分です。 無理なスケジュールを管理するのは、やめたほうが良いでしょう。無理なスケジュールをすると人は疲れてしまいます。 【出来る約束、出来ない約束】 →明らかに時間が足らない人は無理して時間を割くと、うまくこなせず逆効果になってしまいます。出来る範囲で少しでもいいので空いた時間を作り、休憩しつつその時間にしかできないことをする。このサイクルでスケジュール管理をすると、モチベーションを上げて維持することが出来ます。 楽しいことでも、嬉しいことでも、辛いことでも、「それらをひとつずつ消化していく事がスケジュール管理」だと思います。 疲れたら休んで、自分のできることを管理して頑張りましょう。