人材を定着

この現代社会の混沌とした感じ、短期間で劇的に変化していく技術革新の中で、会社が生き残っていくためには、将来の方向性を企業が見誤らないことが大事です。方向性さえ間違っていなければ、企業は、競争力を持ち続け、生き残っていけることでしょう。そのために重要なのは、やはり力の発揮できる人材です。日本社会は、これまで新卒採用を一括で行い、一斉に同じように人材の教育をしてきました。しかし、外資系企業のように、必要なときに必要な力のある人材を採用して育成していかなければ、これからの日本社会で生き残っていく企業力はもてなくなるのかもしれません。そこで、タレントマネジメントに新たに必要になってくるのは、人材を定着させることなのです。採用された人がその企業を魅力に思い、定着して長く働いてくれるしかけが、タレントマネジメントでは必要になってくるのです。タレントマネジメントに新たに必要になるそのしかけとは、報酬かもしれません。あるいは、福利厚生や、スキルアップのための魅力ある仕事内容なのかもしれません。その他様々な着目点があるかと思います。定着率を上げるようなしかけを作り、それに対して取り組んでいく事が、これからの社会で生き残っていくためには重要なのです。